読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブログランキングについて

どうも。おれです。

 

陸マイラーブログ開設後に、ブログランキングに登録するの、結構大事だよということを以前にも書きましたけど、この話をもう一度したい。なんかすっかりおれパパは陸マイラーブログ指南書みたいな雰囲気になってきましたよね。偉そうに 笑。ごめんね。

 

続きを読む

新規陸マイラーブログがみんな陥る失敗パターン

敵に塩を送らせたらおれの右に出る者はいない! でお馴染みおれです。

 

いやー、もうなんかすごい。ANAパパを開設してからそろそろ10ヶ月。その間、目を皿のようにして、ブログランキング(にほんブログ村)の陸マイラーブログ部門を観察してるんですけど、2015年後半まではだいたい、1週間に1個、新たな陸マイラーブログが生まれてるって感じだったんですよ。それがね、2016年に入ってからは、もう1日1個みたいなすごいペースで生まれてるのね。それもかなりな高確率ではてなブログを使ってる。それもかなりな高確率でANAパパのリライト 笑。面白いよね。よっぽど陸マイラーブログ界隈に大きなインパクト与えたんだなって、ちょっと鼻高い気持ちになる。みんな、リライトするなら、死ぬ気でオリジナリティ追究してね、って思う。

 

で、それはいいんですけど、問題なのは、みんな間違ったやり方しちゃってるってことなんです。前にもちょっと書いたけど、今回はそれとは別の視点で塩を送りますね。

 

続きを読む

ついにただのレンタルブログが「マイル」検索で1位になった画像をおれも載せときたい

id:cardmicsさんが、なんと「クレジットカード」という超激戦ビッグワードでついに検索1位を取ったそうです。はてなでアフィってる人たちならわかるだろうけども、これは本当にすごいことですよ。おめでとうございます。

 

 

1月下旬に、Googleの評価アルゴリズムがかなりまた変わったっぽいんですよね。ますます個人ブログが評価されやすくなったような感じがあります。それも、データ羅列型でSEOバリバリのアフィ臭いアフィサイトじゃなく、読みやすく、わかりやすく、奇を衒わず、直球勝負のまともな個人ブログがね。

 

続きを読む

流入狙う記事からコンバージョン狙う記事にリンク張りなさいよ何やってんのよチミは

「全記事でハピタスの友達紹介を無理矢理狙う」っていう陸マイラーブログ、死ぬほど多いのね。この記事を1,000回読んだ方がいい。

 

 

ページ毎の検索流入数をつぶさに見てれば、わかるはずなんですよ。たとえ1,000記事書こうが、結局検索流入で恒常的に大人数を呼びこめているページなんて、数えるくらいしかない。いわゆるエース記事ですよね。あとは刺身のつまみたいなもんだ。この宝を全く活かさず、バカの一つ覚えで全記事に「ハピタスへの登録はこちらから!」とかやって、それで登録してくれる人がいると思う? いるわけないよそんなもん。

 

分けて! 分けて考えて!

検索流入とコンバージョンのページが合致してるのが理想だけど、そううまくいくわけがない。検索流入を狙って書いたページも思ったほどには伸びないことも多い。でも必ずサイト内に1つや2つはやたらと検索されてるページがあるはずなんですよ。そこからコンバージョン狙うページに動線作れよっていう。

 

もうちょっとわかりやすく言うと、まず「ハピタスの登録をしてもらうページ」ってのを作る。このページでアホかと思うくらい丁寧に、しっかりと、ハピタスの登録の仕方とか、利用の仕方とか、メリットとか、デメリットとかを書く。「こんなに長いと読む方も疲れちゃうよな」とかバカみたいなこと考える必要は全くない。長くてもいいの。とにかく細大漏らさず、ハピタス登録に必要な全ての情報を書いておく。わかりやすく、丁寧に、痒いところに手が届くように。

 

で、当然のことながら、その記事はGoogleで上位に来ることはなく、たとえ上位に来たとしても、そもそも「ハピタスの登録の仕方」を検索する人なんてこの世に存在しないんだから、書いた直後にブログランキングページから数人来て終わり。

 

検索からではなく、毎日ブログを読みに来てくれる人が何万人もいるっていうなら話は別だけど、多くてもせいぜい数百人が読んで終わりです。でもいいのそれは。書いた直後、書いて数日の間に来た人数のことなんか一切気にする必要はない。

 

で、その記事は埋もれた過去記事として、しばらくの間、誰からも読まれることなくひっそりと存在するわけです。でも内容は一級品だ。ハピタス登録に関する全ての情報が揃ってるんだから。

 

で、毎日毎日必死にブログ更新して、検索クエリ解析して、たまに「お? なんかこのページ、やたらと検索されてるぞ?」ってページの存在に気付いたら、その記事をさらに強化して、もっともっと充実させて、最後に、さっきの埋もれた一級品記事、ハピタス登録に必要な全ての情報を網羅した記事にリンク張ればいいんですよ。cardmicsさんが言ってるのはそういうこと。

 

以上!(厚切り

 

あなたのブログを問答無用強制コンサルで最強のジャガーノートに

クズ界一のおしゃれと言われているid:superartlifeこと、もっしゅさんの記事がとてもよかったのでまずちょっと読んでいただきたい。

 

この記事、何がいいって、読むと「うわー、いーなー。おれも作りたいな」って思わせるところですよね。まずここが最強。

 

なんで読者にこういう気持ちを抱かせるかというと、この記事がもっしゅさんの個人的体験を基に書かれているからですよ。いわゆるコタツ記事と対極にある。これね、本ッ当に大事なことです。

 

コタツ記事ってネット時代から言われるようになった言葉なんですかね? 取材に行かず、コタツに入って、ネットで調べるだけで書きあげる記事のことね。ひどいのになると、個人的感想までネットから拾ってきた文章で済ませるっていう。そんなゴミみたいな記事読んでも「うわー、いーなー。おれも作りたいな」とはならない。なりませんよそりゃ。「おれもコタツに入ってるだけでお金がじゃぶじゃぶ入ってくる暮らしがしたいなー」とは思うかもしれませんけども。

 

あと、提案型なのがいいですよね。パターンオーダーでシャツを作ってみたいなっていう初心者(俺含む)は、まず何をどうしたらいいのかさっぱりわかんないわけだから。そこを決め打ちで「これは一択」「これはおすすめ」って言ってもらえると、初心者側はすごい楽。

 

そしておれがうなったのはこの一文。

 

僕のできあがりの2枚です。よくないですか?僕はよいと思います。世界で一番僕がよいと思ってます。これ、すごく大事な感情ですよね。

 

イイ。実にイイ。素晴らしい。とても共感できる。自分が一番よいと思えるものを作れた満足感にあふれている。そして、「その感情をおれも味わいたい」と思わせる力が文章にある。

 

この記事はパーフェクトです。雑記ブログとしてこれ以上望むことはない。だがしかし……

 

続きを読む