読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おしっこと便座の話

降臨

人が楽しそうに回してるバトンに横から強引に割り込んで「俺と仲良くしないとぶん殴るぞ」的に無茶な絡み方をするコーナー。

http://d.hatena.ne.jp/roku666/20070227/p2

http://d.hatena.ne.jp/nekoprotocol/20070228/1172650879

http://d.hatena.ne.jp/foreplay/20070301/p1

まず一番最初のロクさんがおっしゃってる「便座を上げないで立ったままする人」のところで2点ほどひっかっかった。まず「便座」ってのを、蓋と勘違いしてた。蓋を上げないでおしっこしたら便器が小便まみれじゃないですか、と思ったのだけど、すぐに便座と蓋の違いに気付いて事なきを得た。次に「立ったままする人」ってのを性的な意味で捉えてしまったので、「うんうん、朝っぱら、起きた瞬間におしっこしたいときとか、かなり困るよね」と思ったのだけど、これは性的な意味で勃っているのではなく(朝っぱらのアレが性的な意味かどうかは別として)、「座っていなくて立っている」という意味の方で立ってるんだということに気付いて事なきを得た。

あと次にオーシマさんのおっしゃる「尿ハネ問題」に関して異議あり、と思った。だって便座の裏側に尿がハネたら、それは掃除する側の人間からすると(世の中には便所を掃除する側としない側の人間しかいない)、床、あるいは便座の表側にハネるのと同等にやっかいな問題だからです。

次に前戯田中さんの「座り小便問題」についてなのですけど、俺はこれを全面的に支持し、というかおちんちんの先端から便器までの距離については田中さんと相当な差があると見受けられるのですけども(軽い宣戦布告)、やはりここは「掃除する側の人間」つまり木村タクなにがしさんが言うところの俺側の人間に対する優しさですよ。便座にしっかりと着席し、おちんちんと便器との距離を最短にすることによって尿ハネを極力抑え、掃除する側の不快感をなるべく軽減するのが人間として当然のつとめなのではないかと。ちなみに我がテラヤマ家では、不文律としてこの「座り小便」が半ば義務化されていて、老若男女を問わず、「立ち小便するべからず」が徹底されております。男性客が来訪した際には、うちの敷居をまたいだ瞬間、まずこう言われます。

This is for you new people. I only have one rule: Everyone sits down. No one stands. You don't do your job, I'll shoot you. Do you get me?
(新入りだな。ここのルールは1つ。全員が座って小便をする。決して立つな。それができん奴は撃ち殺す。分かったか?)

We get you, sir !!!!
(了解しました!!!!)

Welcome to the Terayamas.
(テラヤマ家へようこそ)

なんかですねー、どっかのサイトだか掲示板だか発言小町だかで見かけた覚えがあるのですけども「女房に座り小便を強要されるのだが男のプライドとしてそれは許容できない。大の男が座り小便なんかできるかヴォケ」みたいな話があって、なんのプライドやねんっていうね。そういうプライド云々は自分で便所掃除をしてから言いなさい、と存じます。「男が便所掃除なんかできるか」とか言う子、先生許しませんよ。

あとついでに言っておくと、このエントリを書くにあたって、生まれて初めて(字幕inじゃなくアプリ使って)動画に字幕をつけるという作業をやったのですけども、費やした時間は約4時間半でございます。構想1分、文章5分、動画編集4時間半。
\(^o^)/ ワーイ

動画の元になってる映画はこれです。名刺これです。

スターシップ・トゥルーパーズ

スターシップ・トゥルーパーズ

  • 出版社/メーカー:ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
  • 発売日:2006/01/25
  • メディア:DVD