読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シリーズ「俺とカメラ」

カメラ

よう、相変わらずシケ面ぶらさげてピーコしてっか? 今日はおまえらにカメラを教えます(イヤだと泣き叫んでもな)。

最近ですね、寝ても覚めてもカメラとか写真とかそんなことばっかり考えてて、正しい中年の道をひた走っております。で、なんか気付いたら空前のデジイチブームな。俺の中で。いや、俺の中だけじゃなく、実際デジカメ市場ではコンデジ(コンパクトデジタルカメラ)が完全に頭打ち状態になってて、「そろそろデジイチに移行しちゃいますか」っていう人がマジ増えてるらしいんです。ほいで、自分の狭い狭い交友範囲を見てみても、この数ヶ月でデジイチデビューした人がすんげえたくさんいる。これはチャンスです。今ならまだ間に合います。これからデジイチを買う人に対してでかいツラをすることができます。なので今からします。最初にゆっておきますが、俺もデジイチデビューしてまだ7ヶ月なのでそこらへんをさっぴいて話を聞いて下さいよろしくお願いします。

まずですね、右も左もわからない状態で、デジイチ本体(ボディ)はどこのメーカーの何を買ったらいいかわからんじゃないですか。まずこれを教えます。男ならキヤノン! 女はニコン! はい終わり! 余計なことは考えない。言われたとおりにしなさい。別に何買っても大して変わんないから、基本的に。なんか不満が出てきたら買い換えなさい。いちようおまえらのためを思って言ってるわけなんですけど、大きな理由として「レンズ資産」ってもんがあります。この2つのメーカーなら選んでも選びきれないくらいレンズラインナップが充実しており、サードパーティからもどしどし新しいレンズが発売されるので心配ありません。デジイチはレンズを交換してなんぼなので。あと、中級機か初級機かは予算の許す範囲でテケトーに考えなさい。

次。最初のレンズは何を買えばいいか。なんかズームキットとかいってレンズとボディがセットになって売ってるでしょ。それを買ってもいいんですけど、多分「ぇぇぇぇぇ…」ってなると思う。確かに今まで使っていたコンデジと比べたら解像感とか比較にならないくらい精細になってるんだけど、おまえらはそこには感動できない。だっておまえらはインターネッコであり、写真と言ったらWEBに載せるか、WEBに載せるか、WEBに載せるくらいしか用途がないんだから。せいぜい800×600くらいが関の山でしょ。そしたらいくら1500万画素(4752×3168)の解像感たっぷりのくっきりシャープな写真撮っても縮小しちゃうから意味ない。

じゃあ一体どんなレンズ買ったら感動できるのか。おまえらが絶対感動するのは「ボケ」です。猫の瞳にピントが合ってるんだけど、しっぽとか背景がボヤけてて、「うおー! デジイチっぺー!」ってなるやつです。これなら800×600に縮小しても、コンデジとは全く次元の違う写真が楽しめる。コンデジでは逆立ちしたって背景ボケボケの写真なんて撮れないんだから。で、具体的にボッケボケの写真を撮るためのレンズとはいかなるレンズなのか。これは「F値」というものを見てください。

コンデジからデジイチにステップアップして最初に戸惑うのはレンズに書いてある名前な。「18-55mm F3.5-5.6 IS」みたいにわけわからん数字やアルファベットが並んでる。これは「焦点距離が18mmから55mmまでのズームレンズですよ。ズームするにつれて、F値が3.5から5.6になりますよ。ISで手ブレも補正しますよ」ってことなんですけど、そんなこと言われてもますますわけわからんでしょ。とりあえず今はFのとこだけ見てください。

F値は小さければ小さいほど明るい(多くの光を取り込める)レンズということであり、明るいレンズほどボッケボケになるんです。だからF1.8とかF1.4とかのレンズを買えば、感動できる。セット販売されてるキットレンズ(ズームレンズ)だと、せいぜいF3.5あたりが関の山です。これじゃあおまえらが感動するようなボケにはほど遠い。ズームはできないんだけどF値は明るい、っていうレンズ(単焦点レンズ)を買って下さい。

「えー、ズーム出来ないんじゃ不便じゃん」って思うかもしんないけど、どうせおまえらコンデジでもズームほとんど使ってないじゃん。基本いっつも広角端じゃん。たまに遠くのモノ撮るときだけズームじゃん。ズームしないで済むような近くのモノを、あえてズームして撮るとかやんないじゃん。それだったらもう歩けばいいんですよ。遠くのものは近くまで歩いて撮りなさい。おまえらの大好きなGR DIGITALだってズームできないでしょうが。

最後に、○○mmっていうやつなんですけど、一体何ミリのレンズ買えばいいのか。これはおおむね28mmから50mmくらいの間で、なるべく安くてF値の小さいやつを買えばいいです。キヤノンで言ったら50mm F1.8ってのが1万以下で買えます。

「あのー、50mm F1.8買ったら確かに背景ボケていい感じなんですけど、なんつーんだろう? コンデジでズームした時みたいな、ちょ、近い近い! みたいな、なんかそんな感じなんですけど」

いわゆるAPS-Cサイズのデジイチ(おまえらは確実にこの撮像素子サイズのデジイチを買うことになる)では、50mmだと確かにそんな感じになるんですよ。もっと高級なフルサイズ機ってやつで50mmを使うと、ばっちり自然な感じなんだけど、APS-Cだとある理由のせいで(説明は面倒なので端折ります)、なんとなく遠くのものが近くに大きく写るって感じになる。じゃったら下がれよ! 少し歩いて後ろに下がりなさい。どうしてもこの画角(専門用語)が気になるなら、30mmくらいでなるべくF値の小さいレンズにしとくと幸せになれます。

今日はここまで。