読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『インセプション』を観たの

映画

SF人、総員必見! いやー、クリストファー・ノーラン監督マジすごいです。ほんのちょっとでもSFマインドを持ち合わせてる人なら絶対観ないとダメですこれは。だいたいですね、「夢」を題材に映画作るとロクなことにならないことは皆さんおわかりだと思うんですけども、この映画は違います。夢とか潜在意識というモノををどう取り扱うか、その手腕によってはこんなにもすごい映画たりえるっていう、歴史的金字塔。クリストファー・ノーラン監督以外の人が脚本書いて監督やってたら確実に大惨事となってることは間違いありません。これは奇跡です。

映画『マトリックス』を見た時の衝撃は『俺的マトリックス論』で荒っぽく書きました。これと比べると『インセプション』には、SF的整合性を担保し、物語世界をリアルたらしめる道具立ての部分で若干不足を感じるところはあったんですけども、それを補って余りある「映画としての魅力」に溢れていたように思います。エモーショナル。圧倒的にエモーショナルです。エモーショナルでありながら完全にSFです。

「夢と現実の区別がつかない」っていう、もうどうにも手のつけようがないくらいやり尽くされた題材を、これだけ正面切って掘り下げて、尚且つエンターテインメイントとして成立させたクリストファー・ノーラン監督はすごい。『ダークナイト』も『メメント』も、度肝抜かれるくらいすごかったけど、まだ伸びしろあった。もう他人の脚本はほっといてほしい。全部自分で作ってほしい。そう思える最強監督です。シャマランさんがずぶずぶ沈んでいくなか、ノーラン監督は最後の希望です。