読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Evernoteに写真を保存する際覚えておくべきこと

ライフログ保管庫としてEvernoteを利用する場合、最も重要なことは「より多くの情報を、より正確に、より簡単に保存する」ということだと思います。これらはトレードオフの関係にあったりするので、利用者がどうプライオリティを設定するかが重要になってきます。

写真をEvernoteに保存する方法はいろいろあるんですけども、次の4つの方法がポピュラーかと思います。

つい最近まで自分も気付いてなかったんですけど、大差ないように見えて、実は結構な差があったりします。まず最も重要なことは、写真のジオタグ(位置情報)。

iPhoneに元から入っているカメラアプリ(以下純正カメラ)はジオタグを含むExifを正しく記録していますけど、他のアプリは実はそうでもないってことを覚えておく必要があります。たとえばカメラアプリの中でも特に人気のある”TiltShift Generator”は正確なExifが付きません。ジオタグは全く付きません。元々Exifが記録されていた写真(純正カメラで撮った写真)をカメラロールから選択して加工してもExifが失われます。これはTiltShif Generatorに限った話ではなく、つい最近までApple側の方針で決められていた事みたいです。iOS4から仕様が変更されたらしく、今後はExifを保持したまま加工できるアプリが出てくるかもしれませんが、現時点ではカメラロールからインポートした時点でExifが消えてしまうアプリがほとんどです。(現在SeeSeeという写真管理アプリがExif保持や無劣化コピーに対応してますが例外中の例外)

つまり、ジオタグを含む多くの情報が入っているExifを、ライフログとして正確に記録するためには純正カメラ一択*1なんだということです。フィルターかけるとかっこいい写真が残せますけど、ライフログとしては情報量が足りなさすぎる。

これを踏まえて、前記4つの方法のメリットデメリットを列挙しておきます。何を優先するかによって使い分けるといいと思う。順番は俺のプライオリティに準じています。

  1. 純正カメラで撮って、メールでEvernoteに送る(位置情報はExif依存)
    • メリット
      • ジオタグを含めたExifが正確であり、写真自体の位置情報を保持できる(どこからメールを送ってもノートの作成場所は写真の撮影場所と同一となる)。HDRが使える。アップロード時に簡単に写真サイズを選択できるのでEvernoteの容量圧迫を防げる。
    • デメリット
      • Evernoteのサーバーがメールを受信した時間がノートの作成時間となるため、撮ってすぐに送らないと撮影時間とノート作成時間がズレる。メール作成の作業自体に少し時間がかかる。純正カメラ以外で撮った写真の場合、写真にもノートにも位置情報が付かない。縦画像が横になってしまう。
  1. Evernoteのカメラロールから新規ノートを作る(位置情報はExif依存)
    • メリット
      • ジオタグを含めたExifが正確であり、写真自体の位置情報を保持できる(どこで作成してもノート作成場所は写真の撮影場所と同一となる)。HDRが使える。カメラロールから選択した時点で作成時間が確定するので、アップロードが多少遅れても問題ない。作業時間が短い。時間の正確さをさほど気にしないのであれば大量の写真から連続作成が可能。複数の写真を選択してひとつのノートを作ることも可能。
    • デメリット
      • アップロード時に写真の大きさを選択できないので、最大サイズで撮っているとEvernoteの容量を圧迫する。純正カメラ以外で撮った写真を選択した場合、写真にもノートにも位置情報が付かない。
  1. FE Snapを使う
    • メリット
      • 撮影時間と「ノート作成場所の位置情報」が正確。手順が少なく作業時間が最も短い。タグ付けが簡単にできる。予め写真サイズを選択しておける。小さいサイズをEvernoteに保存すると同時に、最大サイズの写真をカメラロールにも保存しておける。バックグラウンドでアップロードしてくれる。
    • デメリット
      • 写真にExifが付かない。付くのはあくまでも「ノート作成場所の位置情報」であり、ノートから写真単体を取り出した場合、その写真には位置情報がない。HDRが使えない。
  1. Evernoteのスナップショットを使う
    • メリット
      • 撮影時間と「ノート作成場所の位置情報」が正確。手順が少なく、作業時間が短い。
    • デメリット
      • 写真にExifが付かない。付くのはあくまでも「ノート作成場所の位置情報」であり、ノートから写真単体を取り出した場合、その写真には位置情報がない。HDRが使えない。連続撮影が遅い。写真サイズが選択できないので容量がかさむ。

*1:追記:純正カメラ以外でしっかりしたExifを残すカメラにProCameraがありました。もちろんジオタグも付きます