読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【連載】 飛行機に一度も乗らずに年間12万マイル稼ぐ 第4回「年間決済額」

マイル

年間決済額が100万円を超えそうなら、次回解説するANA VISAゴールドの発行を視野に入れましょう。

超えそうにない場合はソラチカ1枚で勝負しましょう。

年間決済額が100万円だと、還元率1%であるANAカードの場合、1年で1万マイル貯まるということになります。少ないですね……。ハピタス解説の回で「ソラチカを発行すればそれだけで5800マイル!」「セゾンゴールドとローンカードの2枚で27000マイル!」と景気のいい話をたくさんしてきただけに、1年もかけてたったの1万マイル感は否めません。この1万マイルのために、果たして年会費の高いゴールドカードを作る意味はあるのか、と思ってしまいます。

なので、今回は年間決済額が一体いくらになりそうなのかをシミュレーションしてもらいたいと思います。もしも100万を超えないようなら、ANA VISAゴールドはやめてソラチカだけでマイルを貯めましょう。なぜ100万以上だとANA VISAゴールドを持った方がいいのかは次回解説します。

■クレジットカードで払える固定費

  • 電気
  • ガス
  • 水道( Yahoo!公金支払いで調べましょう)
  • 携帯電話、固定電話
  • ネット回線
  • NHK
  • プロバイダー
  • 新聞
  • 通勤の交通費
  • 国民年金保険料
  • 医療保険・がん保険・生命保険(保険会社によります)
  • 申告所得税、源泉所得税、法人税、相続税、贈与税を除く、各種税金や保険料 (Yahoo!公金支払いで調べましょう)

この辺は基本中の基本ですので、全てクレジットカードで支払うことを前提にします。いまどき銀行口座自動引き落としなど意味ありません。クレジットカードで支払えない固定費のうち、非常に大きいのは家賃です。ごく稀にクレカ払いができる賃貸物件がありますが、管理会社が指定する専用クレジットカードしか使えないので陸マイラー的にはほぼ意味はありません。

しかしクレジットカードで支払える固定費の種類は意外に多いと思いませんでしたか? 自分が陸マイラーを始めた当初はこんなにたくさんなかったんです。特に充実してきたのは税金や保険のたぐいですね。Yahoo!公金支払いをフル活用してください。

固定費の他に、外食、ネット通販、、ネットサービス、コンビニ、スーパー、ドラッグストア、洋服、ガソリン、ETC、挙げていけばキリがないくらいクレジットカードを使える場面は増えています。逆に言うと、もはやクレジットカードが使えないのは家賃と、あとは個人経営の小さな店くらいしかないんですよね。ここらへんを踏まえて、自分が一体、毎月いくらをクレジットカードで決済するか計算してみてください。1ヶ月8万4千円を超えていたら、年間決済額は100万オーバーとなります。いけそうですよね。

■ 決済額を増やす奥の手

クレジットカードでマイルを貯めるなら100万と言わず、できれば決済額は増やしたいものです。でも収入には限りがあり、当然ながら支出にも限界があります。この限界を楽々超える方法「立て替え払い」を積極的に使っていくと、決済額はいくらでも増やせます。

一番強力なのは、自営業者が、自分名義のクレジットカードで、会社の経費を全部立て替え払いすることです。これなら年間決済額数百万は楽に超えるはずです。サラリーマンでも交通費や接待費、備品の購入等、立て替え払いする機会は多いはずです。会社から、会社名義のクレジットカードの使用を義務づけられているのでない限り、どんどん個人名義のクレカで支払えばいいのです。

経費処理に関しては、カードの名義が個人であろうと会社であろうと関係ありません。それが経費と認められる内容の出費(仕事のための出費)なら個人名義でも問題なく経費として落とせます。逆にたとえ会社名義のカードであろうとも、仕事と無関係なプライベートな買い物であれば経費と認められません。

どんどんケチくさい話になっていきますが、たとえば現金主義の知人との飲み会での支払い。あなたがカードで支払って、現金でワリカンにしてもらえばよろしい。たとえばネットに疎い両親の買い物代行。ネット通販で最安値のところを探してあげて、あなたがカードで支払って、両親から現金を回収すればよろしい。考えればいくらでも立て替え払いできる場面はあるはずです。

次回はANA VISAゴールドカードについて解説します。どう頑張っても年間決済額が100万を超えなさそうだという方は次回は読み飛ばしていいと思います。

追記:マイラーブログ始めました。

kowagari.hateblo.jp