読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブログ収益化について思ってること

ブログで収益上げるって事に関して、やっぱ最初すごいマイナスイメージがあったんですよね。

 

ゲスいだろと。

 

でも突き詰めて、仕事を頑張ってお金稼ぐのと何が違うのかと考えていくと、どうもその差ははっきりしない。ただはっきりしてるのは、本業でばりばり稼いでると何も言われないけど、ブログで金稼いでいると「汚いやり方で楽して儲けやがって」みたいな感じに思われるということ。なんなんですかねこの差は。努力の質においてほぼ同じだろという気はしてます。

 

売るってことがよくわかんない

で、自分、本業の方では正直なところ、売上を倍増させて収入を1.5倍にするような方法が全く頭に浮かばない。努力に報われるものと報われないものが厳然とあって、まあだいたい報われないです。やった後でそれが報われる性質のものだったのか、そうでなかったのかやっとわかるんで、やる前にどっちかを選べない。全部やるしかない。そしてだいたい報われないということになる。だんだん心がすり減りますよこれ。報われない努力をすると、目に見えないところで差が現れるのかもしれないけど、それもよくわからない。わからないことだらけ。

 

それに対してブログを収益化する方法ははっきりしてる。収益を倍増させる方法ももうだいたいわかった。やるかやらないかだけ。やればやっただけ収益は確実に増える。報われない努力は存在しない。努力が全部報われる。

 

全員ってわけじゃないんでしょうけど。なんかこの分野でもやっぱり向き不向きがあって、何をしたらいいかわからないとか、努力が全然実らないみたいなケースもあるのかもしれないけど、自分の場合はピタリとハマった感がある。あと、やるべきことが全部わかってるって、人によっては逆につまらないことかもしれない。でも自分、報われるかどうかわからない努力をできない側のダメ人間なんで。なぜ今までやってなかったんだろうという後悔すらありますね。

 

誰も不幸になってない

誰も騙さず、自分だけが得をしようと思わず、人の役に立つことを書くだけで金になるって、精神衛生的にもものすごく気が楽なんですよ。押し売りしてるわけじゃないから、嫌がられることも、邪険にされることもない。情報を知りたい人だけが、向こうからやってきて、収益を生んでくれる。しかもその人も一円たりとも損をしてない。知りたかった情報を得て、満足して帰って行く。なんという幸せな円環であることか。

 

という幻想を抱いてずぶずぶと抜けられない沼にはまりこんでいってる感は多少あるんですけどね。