読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

記事タイトル変更戦術

「記事タイトル変更戦術」ってのを考えたんですけど。

 

  1. 月間検索数1,000以上のニーズがある検索語を軸に、内容の濃いしっかりした記事を書く。
  2. 更新時には少しでもバズが期待できる扇情的なタイトルとdescriptionを付けてアップする。
  3. 1週間後、Googleに好かれるように、記事の内容を正しく表した簡潔なタイトルに変更する。もちろん1.で狙った検索語をタイトルに含める。併せてdescriptionも簡潔に、CTRが上がる内容に変える。

 

意外とイケそうな気がするけどめんどくさいのでやらないス。

 

実際やるパターン

でも後から気付いてタイトル変更することはよくある。たとえばこういうケース。

 

  1. アクセス解析で検索クエリをざーっと見る。
  2. 本来狙っていなかった妙な検索語を発見する。
  3. その検索語の月間検索数を調べたら3,000でしかも競合が弱いことに気付く。
  4. その検索語を含めたタイトルに変更し、尚且つ本文もその検索語中心に内容を強化する。

 

たとえば、ANAパパでは「アウラニ」がそれに当たります。こんなの全く狙ってなかったのに、妙に多かったんですよ。タイトル変更と内容強化で、検索順位はぐんぐん上がりました。

 

あと複合で「アウラニ ブログ」ってのも多かったので、本文に無理矢理「ブログ」って単語入れました。結構難しかったスw

 

要するに、「アウラニの情報を知りたいけど、公式サイトに載ってるようなスペックじゃなく、実際に行った人の生の声が聞きたい。口コミを知りたい」ってことだと思うんですけど、「アウラニ ブログ」って検索の仕方じゃなかなか上手くいかないですよね。でも検索する人たちはそういう検索の仕方をする。ネットをあんまり上手く使いこなせてない客層の人たちが多い。こっちはそれを汲んでおかなきゃいけない。

 

まだまだ奥が深いですな。攻略しがいのあるゲームだゼ。