読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブログ塾とかオンラインサロンとか

ブログ塾とか、オンラインサロンとか、やめようそういうの。完全に養分じゃないですか。自ら養分になりに行くという意味が全くわからない。

 

仮に、「この世には、広くインターネットでお金を稼げる人と、稼げない人の2種類がいる」とする。

 

「ブログ塾とかオンラインサロンに入ればそういうPVアップのノウハウ、CVRアップのノウハウを教えてもらえて、稼げない人から稼げる人にクラスチェンジできる」って超受け身な考え持ってる人は、確実にWEBで稼げない側の人ですよね。完全に、100%真実と言い切っていい。

 

バズ部読めばいい

だいたい、ブログなんて「これが正解」っていう方法論確立されてないんだから、成功者の成功体験聞いても再現性低すぎてどうにもならない。

 

それにPVアップのノウハウも、CVRアップのノウハウも、探せば一通りWEBで無料で読めますよ。たとえば超有名なところでいうと、バズ部。ここを隅から隅まで一つ残らず読めば、もうそれでサロンや塾で得られるモノの100倍くらい手に入るじゃないですか。

 

バズ部みたいな有益なサイトを探す手間を省きたい、仮に見つけたとしても読む手間を省きたい、っていう極度のめんどくさがりが、サロンで一儲けしようという輩の養分になってる。Win-Winですわ。需要と供給がピタリとあってる。

 

探す手間を省きたい、読む手間を省きたいって思ってる人が、サロンや塾に行ったら100%「聞くのがめんどくさい」「やり方はだいたいわかったけど実践するのがめんどくさい」「考えるのめんどくさい」「ブログ書くのめんどくさい」「呼吸するのめんどくさい」ってなって、何も身につかないんですよ。こんなの当たり前だよね。

 

ダメな人はお金払っても結局ダメ

お金払って得られるものにはきっと価値があるに違いない、お金さえ払えばもう大丈夫っていう思い込みすごい。問題なのはお金を払うことじゃなくて、貪欲に吸収しようっていう攻めの姿勢じゃんね。受け身で何か得られるわけがない。

 

探す手間も、読む手間も、実践する手間も厭わないっていう人は、逆にゴミみたいなサロンにお金払って受講しても、必ず何かを得られますよね。そういう人はそもそもゴミみたいなサロンにはお金払わないでしょうけど。

 

もしも塾やサロンにすがりたいって思ってる人がいたら、その前にやるべきことをやっておいた方がいいよって本当思う。それでも結果が出なかったら、改めて塾に入って「あ、こんなの既におれが知ってることだ。無駄だったな」って思えばいい。この手順すっ飛ばすと、ゴミサロンで「すごいノウハウを身に着けられた!」っていう勘違いだけを得て終わることになる。

 

ってミスタードレクスターも言ってたよ。