読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知識と、経験と、書く力を持つ人へ

クラウドワークス、ランサーズ。いろいろあるが、そういうところで文章を書いて、小金を稼いでいるあなたに言いたい。やめるんだ。今すぐ。

 

恐らくあなたは自信をつけたことだろう。仕事を依頼してきた人から「あなたの文章は素晴らしい」と褒められたことだろう。承認欲求が満たされ、手にしたお金以上の満足感を得たことだろう。

 

だがしかし、それはまやかしだ。

 

あなたは、依頼人から搾取されている。

 

人間は、承認欲求を満たしてくれる者に対して、無償でもいいから奉仕したくなってしまう。しかし、あなたの働きには、正当な対価を得るだけの価値がある。あなたは自分の文章を過小評価しすぎている。あなたの文章は本当に1文字0.5円なのか? 立ち止まって考えてほしい。

 

あなたの文章の対価は事実上無限だ。そこに本当の意味での価値があるならば、たった1回きり、数千円の端金をもらって終わるべきでは断じてない。

 

正当な対価を得る手段は既に用意されている。残念ながら、10年前にはなかった。あなたは今すぐその時代の記憶を消し去らねばならない。あなたに対して、正当な対価を用意する者は、依頼人ではない。

 

依頼されるな。依頼されて書くな。自ら書け。