読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

[カメラ] 写真にジオタグをつける!!! GPSロガーまとめ5

最後に自分が使ってるジオタグ関連のアプリと参考にしたサイトの紹介です。まずはiPhoneアプリ

  • Pro Camera
    • 撮影から簡単なレタッチまでできる。純正カメラよりはるかに高機能で、尚且つジオタグもきちんと付与してくれる素晴らしいカメラアプリ。ジオタグ編集はできないが、位置だけでなく撮影時に向いていた方角までブラウズできる。
  • フォトアルバム for iOS4
    • 位置情報付きで写真をブラウズできる。ジオタグを後から編集可能。ただしカメラロールへの上書き保存はiOSの仕様により出来ない。新規保存のみとなる。このアプリからアルバム機能を取っ払ってジオタグ編集機能だけに特化したものにGeotag Editorというものもあって、こちらの方が動作軽いくていいかも。
  • koredoko
    • 位置情報付きで写真をブラウズできる。ジオタグを後から編集可能だが、地図ではなくピンの方を動かすので画面が見づらく編集しにくい。保存の仕様は上記2つのアプリと同じ。UI的に「保存」をし忘れがち。編集よりブラウズ向き。
  • MetaData Browser
    • 単なるExifブラウザ。Exifのテキスト情報を見られるだけで編集はできない。マップも見られない。

こちらはWindowsアプリ。

覚えておくべき有用サイト。



長い追記。
お手軽ジオタグ付与の方法でひとつ重大なことを忘れてました。Eye-Fiです。EXPLOREかPROを買えば、Eye-Fiカードのみでのジオタグ付与が可能となります。CFアダプタに突っ込めばデジイチでも何とか可能です(メーカー保証外)。

ただ、Eye-Fiで使われている測位方法はGPS衛星からの電波によるものではなく、WPS(Wi-Fi Positioning System)という、予めマッピングされた無線LANルータから発信される信号を拾って測位する方式で、これは現時点では衛星と比べると精度が落ちます。衛星での測位誤差はおおむね10m程度ですが、、WPSは場所によっては誤差100m程度を覚悟しなくてはいけません。無線LANルータがマッピングされていない(存在しない)ような人口密度の低い土地や、山間部等では全く役に立ちません。ちなみにiPhoneアプリのMotionX GPSも、3G網が使えない場所では自動的にこのWPSで測位するようになっていますが、測位精度が落ちることは自分も体験済みです。

人口密度の高い土地で写真を撮るのであれば、現時点で最もお手軽にジオタグ付与が可能なガジェットはEye-Fiと言えるかもしれません。ただし、iPhoneGPSロガーで出来た「移動ルートの記録」はEye-Fiでは出来ません。

写真にジオタグをつける!!! GPSロガーまとめ